オリジナル!! 1956年 Hale Hawaii 【LAND OF ALOHA(ランド・オブ・アロハ)】アロハシャツ

 

旭川 古着屋Share

 

 

続いてもアロハシャツのご紹介です。

 

今回ご紹介の一枚は、アロハシャツの図鑑や雑誌などでも何度も取り上げられ、レプリカも作られている有名モデル。

 

 

Hale Hawaii 【LAND OF ALOHA】 1956s

 

 

 

 

>>オリジナル 50’s Hale Hawaii 【LAND OF ALOHA(ランドオブアロハ)】アロハシャツ Size:M(着用感M~L)

IMG_8876_R

IMG_8884_R

IMG_8881_R

IMG_8878_R

IMG_8880_R

IMG_8883_R

IMG_8936_R

1956年 ハレハワイ VINTAGE ランドオブアロハ ハワイアンシャツ

ハワイにおいて最も代表的で人気のあるデザインとして選ばれた「ランド・オブ・アロハ」。

21色もの版を使い、緻密に計算された繊細な型合わせによって生み出された生地は、当時日本でプリントし、ハワイで縫製されアロハシャツとなった。

京都の熟練した職人の技術によって描き出された華やかなトロピカルデザインは、ハワイの文化と日本の巧みの技が見事に調和し、日系移民とアロハシャツの歴史を語る上で欠かせない存在となっていく。

また、見つかった古い資料から幾つもの配色が出されていたことが確認できる。それは、当時から注目されていた柄であったことを意味し、半世紀以上たった現代でも人気は衰えていない。

そして、このシャツの歴史に欠かせない人物、日系人イサム・タカブキ。
彼は戦後すぐに京都で、学校の体育館を染工所として使い、1956年8月15日には、21版を要するランド・オブ・アロハが手捺染で刷り上げられた。

出来上がった生地は彼がハワイに興した商社、ヴィクトリー・インポートを介しハワイに渡る。
同社から生地を買い、シャツとして販売したのが1950年創業で生地の種類やプリント方法の異なる多彩な作品を手掛けていたハレ・ハワイ社であった。『カタログより』

上記の説明文を読んだだけでもランドオブアロハがどれほど貴重なアロハシャツかが分かっていただけると思います。

いろいろなアロハシャツ図鑑に載るほど有名な一枚。

素材は表面に凸凹がある壁縮緬(レーヨン)。

プリントは色をいくつも重ねて刷り、最終的にひとつの柄を作り上げていくオーバープリント。

ボタンは竹を削りだして作るバンブーボタン。

コレクションとしてもお勧めですし、価格もお安いと思いますのでアロハシャツファンの方はお見逃しなく。

 

 

 

 

 

そして、昨日のブログでも書きましたが、どうしても謎が解けないアロハシャツがこれ。

 

IMG_8870_R

IMG_8874_R

IMG_8873_R

50’s Hale Hawaii 【SURF ISLAND STYLE(サーフ・アイランド・スタイル)】アロハシャツ

アロハシャツの代表的なデザインとされる『ランド・オブ・アロハ』と同時期に生まれた連作のひとつで、『サーフ・アイランド・スタイル』。

イサム・タカブキが京都市右京区に興したアロハ貿易によるデザイン生地で、ランド・オブ・アロハと同じ1956年に作製されたものになります。

海に浮かぶ島々と、その上に描かれたハワイアンモチーフは、ランド・オブ・アロハそっくりで、帯文字は無く、ロコボーイがサーフィンをする様子が描かれているのが特徴。

ランド・オブ・アロハ同様,様々な書籍に掲載されている王道中の王道柄。

 

オリジナルはまず出てこない柄で、ましてや黄色ベースなんて見たことがありません。

素材はランド・オブ・アロハと同じ壁縮緬(レーヨン)で、プリントも同じくオーバープリントになります。

図鑑などで見比べても細部まで柄は全く同じです。

こんなカラーバージョンがあるのかも分からないのですが、偽物だとも思えません。

タグが欠損しているのが残念ですが、Hale Hawaiiで間違いないと思います。

ステッチが本来だと外縫いのダブルステッチになると思いますが、内縫いになっています。

ただ、素材は間違いなく壁縮緬ですし、プリントも間違いなくオーバープリントです。

レプリカでもこのカラーは作られていませんし(見落としだったらすみません)、実際にものを手に取ると分かりますが本物だと思います。
しかし、確証がないので今回はお店にもWebショップにも出さずに保管しておくことにしました。

アロハシャツコレクターの方で、もし詳細が分かる方がいれば是非 情報提供よろしくお願い致します。(無知で申し訳ありません)

謎が解けましたらブログでまたご報告致します。

 

 

 


The following two tabs change content below.

share

Vintage Clothig Store share 旭川古着屋Share

◆お取り扱い◆
Vintage衣料・アンティークウォッチ・インディアンジュエリー等

◆住所◆
〒078-8234_北海道旭川市豊岡4条5丁目3-18

◆営業時間◆
平日_12:00~20:00 / 土・日・祝_12:00〜21:00 [不定休]

◆Web Shop◆
share-usa.com