春ジャケットに最適な Dead stock ミリタリージャケット&シャツ

 

旭川 古着屋Share

 

 

 

 

こんばんは、平田です。

 

本日も沢山のご来店本当にありがとうございました。

 

 

 

連休も頂き昨日から通常営業しております。

 

今日は久しぶりに商品紹介です。

 

 

少しずつですが春ものアイテムを出していきますので、またブログチェックしてください。

 

 

 

 

 

今日のご紹介は、春にお勧めなミリタリージャケット&シャツ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Dead Stock 70’s チェコ軍 HBTプルオーバーコットンシャツ

『デッドストック 70年代 VINTAGE チェコ軍 ヘリンボーンコットン プルオーバーミリタリーシャツ』

70年代 チェコ軍のプルオーバーコットンシャツ。

HBTコットン地が、土臭いVINTAGEミリタリーらしい一着。

袖にはシャーリングゴムが入っておりますが、お好みでゴムを切るのもお勧めです。

完全未使用品のデッドストックですが、日焼けなどもあり雰囲気はとても良いです。

水を通すと更に良い風合いになると思います。

シンプルで使い勝手の良いミリタリーシャツですので、一着持っておくと便利なアイテムですよ。

 

 

 

 

Dead Stock 60’s U.S.ARMY グリーンリーフカモ ジャングルファティーグジャケット

『デッドストック 1968年製 VINTAGE リップストップコットン ERDLパターン ジャングルファティーグジャケット』

ベトナム戦争時に使用された、熱帯地用野戦ジャケット「ジャングルファティーグ」。

リップストップコットン生地が使用された後期型になります。

リップストップコットンは1968年から採用されておりますので、後期型の中でも初期のものになります。

シェルは無地ではなく、ERDLパターン/グリーンリーフ。

ERDLパターンは1948年に創設されたアメリカ陸軍の技術研究開発試験所/Engineer Research and Development Laboratory(ERDL)によって開発されたカモフラージュパターンで、1967年初頭に米軍に採用されましたが、ベトナム戦においては一部の特殊部隊や特殊作戦に従事する組織への支給が優先され、一般の部隊への支給は限定的だったパターンになります。

迷彩パターンの中で最も有名なウッドランドカモの原型にあたるのも、ERDLパターン/グリーンリーフです。

1968年製のジャングルファティーグジャケットのグリーンリーフで、未使用品のデッドストックは、入手が難しいアイテムだと思いますので、お好きな方はこの機会にいかがでしょうか。

 

 

 

 

Dead Stock 90’s U.S.ARMY BLACK357 BUD JACKET 【SMALL-SHORT】

『デッドストック 90年代 U.S.ARMY BLACK357 野戦ジャケット(黒)』

1997年製造のU.S.ARMY野戦ジャケット。

正式名称は『COAT, BLACK 357,COMBAT WIND RESISTANTPOPLIN』。

ブラックカラーのUSミリタリージャケットはほとんどが後染めになりますが、このジャケットは後染めではなくオリジナルのブラックカラージャケットになります。

特殊部隊やSWATなどでも使用される野戦(BUD)ジャケットで、生地は丈夫なナイロン/コットンのリップストップ。

未使用品のデッドストック。

サイズは希少なSMALL-SHORT。

デッドストックものは出尽くした時点で終わりになりますので、持っていて損はないと思います。

特にSMALL-SHORTは一番需要の高いサイズですので、お探しだった方はこの機会に是非。

 

 

 

 

 

明日も皆様のご来店心よりお待ちしております。

 

 


The following two tabs change content below.

share

Vintage Clothig Store share 旭川古着屋Share

◆お取り扱い◆
Vintage衣料・アンティークウォッチ・インディアンジュエリー等

◆住所◆
〒078-8234_北海道旭川市豊岡4条5丁目3-18

◆営業時間◆
平日_12:00~20:00 / 土・日・祝_12:00〜21:00 [不定休]

◆Web Shop◆
share-usa.com