• ホーム
  • SOLD OUT Gallery
  • 【L】40's U.S.ARMY,AIR FORCE B-15フライトジャケット 第8航空軍 第385爆撃航空群 548爆撃飛行隊

【L】40's U.S.ARMY,AIR FORCE B-15フライトジャケット 第8航空軍 第385爆撃航空群 548爆撃飛行隊

関連カテゴリ:
SOLD OUT Gallery

40's バックスバニースコードロンパッチ
ヴィンテージ B-15フライトジャケット!ミリタリー


このB-15は通常のコットン生地ではなく
試験的に一時作られていた(軍に納入されている正規品です)
コットン/ナイロン混合生地のB-15です!

これが後に、初のナイロンフライトジャケット
B-15Bへと進化していきます。
とても珍しい貴重な一枚です。

しかも!548爆撃飛行隊、レザークラフトの
バックスバニースコードロンパッチが付いた
B-15フライトジャケットです。

この部隊のスコードロンパッチが付いた
フライトジャケットは本当に見つかりません。
ただでさえ当時のスコードロンパッチは
希少なのですが、そのうえ被害がとても大きかった
部隊のため、そう簡単には見つかりません。

この部隊はメンフィスベルと共に編成部隊として
数多くのヨーロッパ戦における空爆任務を
こなしていますが、
その中でも、1944年2月22日に実施された
ドイツ本土空爆作戦が一番過酷な任務でした。

爆撃目標はドイツ本土のオッシャースレーベン、
アシャースレーベン、ハルバーシュタット、
ベルンブルグにあるドイツの重要軍事工場や
レーダー基地、高射砲陣地、
最新戦闘機格納庫などで、
連合軍はこれを早急に壊滅し、目標である
ドイツ本土ベルリンを陥落するのが目的でした。

その目的を果たすために
空軍司令部では、ヨーロッパ上空が
最悪の天候で雷雨と突風に見舞われている
情報を知りつつも空爆作戦を実行したのです。

いつもであれば、
必ず護衛戦闘機部隊が付くのですが
この日は悪天候の上空のため
護衛戦闘機部隊は付かず
丸裸同然の過酷な空爆作戦となっています。

その結果、この作戦では
548爆撃飛行隊を含む爆撃飛行隊は
120機出撃し、無事に帰還したのは
たったの60機です。
空爆作戦は成功しましたが
それだけ多くの犠牲を出した部隊なのです。

この後に、メンフィスベルと共に
過酷な任務を行なっています。
そんな過酷な任務を続けた部隊で
ミッションを35回クリアし、
現在、私のお店にあるのです。

548爆撃飛行隊のスコードロンパッチが付く
本当に貴重なB-15フライトジャケット!
自信をもっておすすめ致します!!

表記サイズ
40
肩幅
47.5cm
身幅(脇~脇)
59.5cm
着丈(襟付け根から)
61.5cm
袖丈(肩から/脇から)
61cm/48.5cm

※必ず実寸サイズをご確認ください。

Condition 商品状態

両袖とリブにダメージがあるのと、
バックにブラットチットを外した跡があります。(写真参照)

その他は小さな擦れはありますが、
年代、軍物という事を考えると
非常に綺麗な状態です。

  • <!--{$arrSTATUS[$status]}-->
品番:
1316189

【L】40's U.S.ARMY,AIR FORCE B-15フライトジャケット 第8航空軍 第385爆撃航空群 548爆撃飛行隊

販売価格:
SOLD OUT
申し訳ございませんが、只今品切れ中です。

※ 実店舗と在庫を共有しているため、WEBサイト上にてご注文可能な状況であっても、在庫がない場合がございます。その場合は、大変申し訳ありませんがキャンセル扱いとなりますので、予めご了承ください。


※お客様の閲覧環境によって実物と若干、色が異なる場合があります。予めご了承ください。

電話で問い合わせる

メールで問い合わせる

最近チェックした商品

採寸について

表記サイズは、メーカー・ブランド・作られた時代により、実寸と異なることがあります。

各商品詳細ページの説明文下に記載されております実寸をご参照下さい。

採寸について

キャンペーンセール

ログイン

メールアドレス
パスワード