国内ブランド


【CASIO カシオ】

設立 1946年

1946年 東京に樫尾製作所を設立。その後世界で初めて電力によって制御する商業用の計算機を開発し、開発に携わった樫尾四兄弟により、1957年にカシオ計算機株式会社が設立される。

時計では、1974年に世界で初めてフルオートカレンダー機能(※1)を搭載したデジタルウォッチ「カシオトロン」を発売。その後、1983年に現在でも人気の腕時計「G-SHOCK」1号機を発表。

※1 フルオートカレンダー大の月・小の月・閏年の調整が不要

【CITIZEN シチズン】

設立 1918年

「シチズン」(CITIZEN)ブランドの時計で知られる他、工作機械の分野でもスイス式自動旋盤を中心とする「シンコム」(Cincom)ブランドで名高い。かつては腕時計の機械体(ムーブメント)の生産量世界第1位(グループ)を誇り、現在も国内最大手、世界シェアの3割以上を持つ。

1924年に懐中時計「CITIZEN」を発売。シチズンの名は、「市民に親しまれるように」の意味(そもそもシチズンは英語で市民の意味を表している)で当時の社長と親交の深かった後藤新平が名づけたとされる。

クオーツ式時計が主流となる以前、電磁テンプ式時計の国産化にいち早く成功。またブローバ社と共に「ブローバシチズン」(現・シチズン電子)を設立し、音叉式腕時計の国産化にも成功している。

【SEIKO セイコー】

設立 1881年

1881年 輸入時計を販売する服部時計店を創業。その後、時計工場 精工舎を設立し、国産クロックの製造を開始。1937年に精工舎のウォッチ部門が分離独立し、株式会社第二精工舎(現在のセイコーインスツル株式会社)となった。

1969年には世界初のアナログクォーツウォッチ「アストロン」の発売。その後1970年代にクォーツ時計の特許を公開した結果、各メーカーが開発に参入することで、クォーツ式腕時計の低価格化が進んだ。

また、戦前・戦後から後楽園球場などの球場のスポンサーとなりスポーツ競技のタイマーも製造している。東京・札幌・バルセロナ・リレハンメル・長野と多くのオリンピック公式時計を手掛けているほか、日本最初のラジオCM初のテレビCMの放送は精工舎の時報CMであった。

国内ブランド アンティークウォッチ一覧はコチラ

キャンペーンセール

ログイン

メールアドレス
パスワード