LONGINESロンジン


設立 1832年

スイスで設立された時計メーカー。国際的なスポーツ連盟のパートナーブランド。スウォッチ グループのメンバーとして、、「伝統」「エレガンス」「パフォーマンス」をテーマに時計作りを続けている。

【歴史】

LONGIN(ロンジン)はフランス古語で「花溢れ小川流れる野原」との意味で、ロゴは「翼の砂時計」を使用しているスイスの時計メーカー。 航空航法機能を搭載した腕時計の開発、世界初のフライバック機能(※1)の開発など高い技術を持ち、クロノグラフ(※2)のキャリバー(※3)を自社生産していたマニュファクチュール(※4)で、 近代オリンピック第一回となる1896年アテネ大会にストップウォッチを提供していた。 また、軍用時計も数多く生産し、、軍用第二次世界大戦時にはイギリスに2番目に多く時計を納入したブランドである。

※1 フライバック機能 クロノグラフ計測中に計測を停止せずに、クロノグラフ針をゼロ位置に戻せる。

※2 クロノグラフ 懐中時計または腕時計でストップウオッチ機能を備え、時計機能と同一動力源によってストップウォッチ機能をも動作させるもののこと。

※3 キャリバー 時計のムーブメントの製造メーカーが管理するために付けた、ムーブメントの形式番号のこと

※4 マニュファクチュール ムーブメント(時計の駆動装置)から自社一貫製造する時計メーカーを指す業界用語。

脚注

longines ブランド アンティークウォッチ一覧はコチラ

キャンペーンセール

ログイン

メールアドレス
パスワード