アンティークウォッチのメンテナンス


時計をお待ちになるうえで必ず必要になるのがムーブメントのメンテナンスです。メンテナンスの代表的なものが『オーバーホール』になります。

【オーバーホールとは】

時計の各パーツをすべて分解し、洗浄を行い、必要箇所にその部分にあった油を差しながら組み立てていく作業をいいます。

時計の機械は油があることで正常に稼動します。

この油は使用していない状態でも3年~5年で乾いてしまいます。これは目安で、実際には5年以上問題なく動く物も沢山ありますが、油がない状態で稼動させているとパーツに負担がかかり、折れたり、磨耗したりしてしまいます。

時計を末永く使用するためには状態が悪くなる前の定期的なメンテナンスが大切だと思います。

【当店で取扱いの時計について】

当店でご購入いただいたアンティークウォッチのオーバーホールや修理はお受け致します。

当店でオーバーホールや修理をするのではなく、アメリカにとても優秀な時計師さんがいるので、アメリカで行ないます。

ただ、アメリカに買い付けに行くタイミングでしかメンテナンスや修理はお受けできません。
年間で3月、6月、8月、10月の4回アメリカ買い付けに行く予定です。
今後は行く回数がもっと増えると思います。

タイミングによってはお時間が掛かる場合もありますが、その分、日本でオーバーホールや修理するよりも安く済むと思います。
修理もアメリカだと部品が入手しやすいため安心です。
オーバーホール・修理に出す場合は、一度当店にご連絡よろしくお願いします。
その際に詳しい内容はご説明させていただきます。
TEL 0166-38-0102

オーバーホール済みで入荷している物もありますが、していない物もあります。

もちろん、現時点ではムーブメントが正常に稼動している物しか入荷しておりませんが、オーバーホールせずに何年も使っていると、油切れやパーツの錆など、様々な故障の原因になります。

日差が3分から5分以上になった場合はオーバーホールに出していただくことをお勧めします。

【腕時計がステータスと言われる理由】

腕時計は車と同じでメンテナンスや壊れたときの修理など少なからず維持費が掛かります。

車だと、外車や高級車の維持費が高いのは知っている方も多いと思います。腕時計も同じで高級時計ブランドになるとメンテナンス代や修理費も高くなります。(例外もあるとは思いますが。)

当店で取り扱っているのは年代の古いアンティークウォッチがメインになります。これは車に例えると旧車です。

旧車が好きな方なら分かると思いますが現代の車より繊細で必ずメンテナンスが付きものです。アンティークウォッチも同じく、とても繊細なものなのでメンテナンスは絶対に必要です。

腕時計がなぜ車と同じくステータスと言われるのか?

それは、車ほどではないにしろ少なからず維持費が掛かるからです。

【最後に】

アンティークウォッチの入荷に関しては細心の注意を払っています。

アメリカのプロの腕時計職人がチェックした物だけ入荷しております。

オーバーホールしなくてはならない物に関してはアメリカでオーバーホールしてから入荷しておりますが、現時点で正常なムーブメントの動きの物はそのまま入荷しております。

日差(※1)も全てチェック済みです。

メンテナンスに関しては、動かなくなるまでオーバーホールはしないという方もいらっしゃると思いますし、そうなる前に定期的にオーバーホールする方もいらっしゃると思います。

当店としては定期的なオーバーホールをお勧め致します。

オーバーホール、修理に関しましてはいつでも当店にお問い合わせください。
TEL 0166-38-0102

ご提供している者としては、永く愛用していただき古い時代の素晴らしい時計が世に残り続けてもらえると嬉しく思います。

当店は時計屋ではありませんが、アンティークウォッチを取り扱うからには、ただご提供するだけではなく、皆様に安心してアンティークウォッチをお使いいただけるよう努力してまいります。

※1 日差一日当たりの進み遅れのこと。機械式時計は時計の姿勢(向き)によって一日あたり数秒~数十秒の誤差が生じます。この差を様々な姿勢で何日かかけてはかり、一週間後の誤差を七で割った数値となります。

OMEGA オメガ アンティークウォッチ一覧はコチラ

キャンペーンセール

ログイン

メールアドレス
パスワード