1941年製 ラフウェア最初期 A-2フライトジャケット 【フライングタイガースグループ】

 

旭川 古着屋Share

 

 

本日のご紹介は今年ラストのA-2フライトジャケット。

 

最後のおおとりに相応しい博物館級のA-2です。

 

 

 

 

 

IMG_3734_R

 

 

 

>>40’s U.S.ARMY,AIR FORCE フライングタイガースグループ ラフウェア最初期 A-2フライトジャケット Size:38(着用感M)

IMG_3649_R

IMG_3677_R

IMG_3673_R

IMG_3735_R

IMG_3664_R

IMG_3660_R

IMG_3663_R

IMG_3678_R

IMG_3675_R

IMG_3658_R

IMG_3654_R

IMG_3652_R

IMG_3669_R

IMG_3650_R

IMG_2914_R

モデル 168cm 58kg(M体型)

40年代 米陸軍航空隊 第14航空軍第308爆撃航空群第425爆撃飛行隊 ブラッドチット付き A-2フライトジャケット

第14航空軍【フライングタイガースグループ】の第308爆撃航空群第425爆撃飛行隊で使用されていたA-2フライトジャケット。

この爆撃飛行隊は常に戦闘飛行隊と共にしており、ダグラスC47スカイトレーン輸送機が、インドはカルカッタ航空基地からビルマを経由し、ヒマラヤ山脈を迂回して中国昆明基地まで兵員や物資を輸送する任務があり、距離は約900kmで運航時間は約3時間、その輸送任務の護衛をし、地上ルートでは蒋介石ルートの確保するため、日本軍の離着陸場、石炭ヤード、ドッグ、精油所、川や港にある機雷爆破を主任務とし、連合軍側を有利にするために活躍しました。

常に日本軍の脅威にさらされ、かなりの犠牲者も出た中で生き残ったA-2フライトジャケット。

納入会社はROUGH WEAR CLOTHING CO.(ラフウェア)。
CONTRACT NO. W535AC18091になり、この番号は正規に軍納入が始まった一番古い最初期の1941年製ラフウェアA-2フライトジャケットになります。

爆撃隊クルー名はHARRY M VAN CLEAVE。
AVG時代のフライングタイガース出のベテランパイロット。

搭乗機はB-24 リベレーター。

右肩にはレザークラフト第14航空軍部隊章、左肩にはCBIレザーパッチ。

左胸にはネームプレートと、爆弾にドラゴンが絡みついた迫力満点の第308爆撃航空群第425爆撃飛行隊スコードロンパッチ(レザークラフト)。

そして右胸には第14航空軍フライングタイガースの大判スコードロンパッチ。

ライニングにはブラッドチッド。

しかも、1941年製とは思えないほどの素晴らしいコンディションです。
革の状態、ライニング、リブ、全て完璧です。

間違いなく博物館級のスペシャルなA-2フライトジャケット。

一般的には市場に出るレベルではありませんのでミリタリーファンの方はお見逃しなく。

 

 

お問い合わせお待ちしております!


The following two tabs change content below.
Vintage Clothig Store share 旭川古着屋Share

◆お取り扱い◆
Vintage衣料・アンティークウォッチ・インディアンジュエリー等

◆住所◆
〒078-8234_北海道旭川市豊岡4条5丁目3-18

◆営業時間◆
12:00~20:00

◆Web Shop◆
share-usa.com