WWⅡ 40’s USAFA A-2フライトジャケット デビルキッズ爆撃飛行隊スコードロンパッチ付き!

旭川 古着屋Share

 

 

続いてはフライトジャケットの王様『A-2フライトジャケット』!

 

 

これも見逃せない一着ですのでチェックしてくださいね。

 

 

 

 

>>WWⅡ 40’s USAFA A-2フライトジャケット 第8航空軍 第381爆撃航空群 第535爆撃飛行隊 Size:42(着用感L)

IMG_1407_R

IMG_1422_R

IMG_1420_R

IMG_1424_R

IMG_1418_R

IMG_1419_R

IMG_1414_R

IMG_1423_R

IMG_1375_R

40年代 U.S.ARMY,AIR FORCE A-2フライトジャケット スコードロンパッチ付き

部隊は第8航空軍 第381爆撃航空群 第535爆撃飛行隊。

C.T.MARBURYさん着用A-2。

納入会社はPOUGHKEEPSIE社。

この部隊は、映画にもなった第8航空軍 第91爆撃航空群 第324爆撃飛行隊
『メンフィス・ベル』と常に爆撃任務のため共に飛行していた有名な爆撃飛行隊で通称『デビルキッズ』。

535デビルキッズ飛行隊は、第381爆弾航空群の編制下にて、532、533、534、535飛行隊の4個の飛行チームで1個の編隊グループを形成しています。

このグループの任務は、イギリスはリッジウェル空軍基地からB-17爆撃機にて発進離陸し、ドーバー海峡を越えハノーファーやブレーメン等のナチスドイツ軍事基地である船舶造船所や、高射砲陣地、鉄道、列車砲、橋、レーダ基地、沿岸大砲台、ベアリング工場、製油所、輸送ルート、空軍滑走路基地 等の爆撃が主な任務になります。

ナチスドイツ空軍のエリートたちからの戦闘機攻勢及び高射砲からの弾幕通過 にも対戦しながら爆撃任務を行う過酷な任務を、最低25回ミッションしなければならないのが彼らのノルマです。

このミッションを25回、死なずに達成するとやっと除隊できるのですが、たった一回のミッションがどれだけのことか、映画『メンフィスベル』を観ていただけると分かります。
そして、その過酷な任務をみごとクリアーし、生きて帰ってきたパイロットのA-2フライトジャケット。

レザー製の肩章、レザー製ネームプレート、デビルキッズスコードロンパッチは当時のまま付いており、左アーム上部のU.S.ARMY,AIR FORCEマークも綺麗に残っています。
袖リブは交換されていますが、40’s当時に空軍補給局により支給されたリブで、戦時中に交換されています。

サイズ表記42ですが、POUGHKEEPSIE社製のA-2は比較的小さめな作りのため、L体型の男性で丁度良いサイズ感になります。

年代を考えるとレザーの状態も良く本当にお勧めの一着です。

これだけの条件のA-2フライトジャケットでこの価格はとても安いと思いますので、A-2をお探しの方はこの機会に手に入れてくださいね。

 

 

 


The following two tabs change content below.

share

Vintage Clothig Store share 旭川古着屋Share

◆お取り扱い◆
Vintage衣料・アンティークウォッチ・インディアンジュエリー等

◆住所◆
〒078-8234_北海道旭川市豊岡4条5丁目3-18

◆営業時間◆
平日_12:00~20:00 / 土・日・祝_12:00〜21:00 [不定休]

◆Web Shop◆
share-usa.com